夜20時まで診療!往診も対応!
水曜日・祝日・日曜日午後休診

0246-68-7041

シニア犬(7歳以上のワンちゃん)

シニア犬(7歳以上のワンちゃん)Senior dog

7歳を超えたら半年に1度の健康診断を

7歳を超えたワンちゃんは人でいうと40歳代(小型・中型犬)~70歳代(大型犬)に相当するといわれています。
一般に動物はがまん強く、痛みを訴えることができないので、飼い主様がギリギリまで不調に気づきにくい傾向があります。
そのため健康診断を受けて状態を把握してあげることがとても大切です。高齢になれば半年に1回程度を目安にしましょう。
このページでは7歳以上のワンちゃんとの暮らしで気を付けていただきたいことを記載しています。
基本的な予防や病気については、「ワンちゃんの健康管理」についてのページをご覧ください。
ワンちゃんの健康管理
6歳までのワンちゃん

人と犬の年齢換算表(目安)

人間 44歳 48歳 52歳 56歳
小型・中型犬 7歳 8歳 9歳 10歳
大型犬 7歳
人間 48歳 52歳 56歳 60歳
小型・中型犬 11歳 12歳 13歳 14歳
大型犬 8歳 9歳

こんな症状ありませんか?

下記のチェックリストが1つでも当てはまる・気になることがある場合は診察時にお尋ね下さい。
健康な状態でも、年に1回は定期健診を受けましょう。

健康チェックリスト 病気・治療でのサポート
・体重の減少がある
・水を飲む量が増加してきた
・嘔吐する頻度が増加してきた
・食事の嗜好性が変化してきた
・糞便の色が変化してきた
・尿の回数や量が多くなってきた
・尿の回数や量が少なくなってきた
・歯肉からの出血などの異常がある
・食事の際に食べ物を口からこぼす
・目からの分泌物の色が変化してきた
(白・黄色・血の混じったような茶色)
・耳の内部が汚れている
・被毛の状態が変化してきた
(乾燥・ツヤが無い・フケ・脱毛)
・寝る時間が長くなってきた
・物事への関心が低下してきた

4大予防をしっかりと継続しましょう

毎年、4大予防(①狂犬病予防接種、②ワクチン接種、③フィラリア予防、④ノミ・ダニ予防をキッチリと継続しましょう。これらの予防はワンちゃんの健康の基本となります。
4大予防の詳細はこちら

4大予防をしっかりと継続しましょう

ワンちゃんの将来のために

将来的に、繁殖を希望されない場合には、早い時期での避妊・去勢手術をお勧めしています。
早い時期に手術を行うことで、将来の病気を防ぐことができます。

シニア期の健康診断の重要性

健康な時期の検査数値を把握しておく

定期的に健康診断を受けておくと、健康な時期の検査数値を把握しておくことができます。教科書などに記載のある「標準的な検査数値の範囲」は存在しますが、動物個々でその正常値が異なります。健康時のデータを把握していればその子の適正範囲が分かりますので、異常があった場合にも安心です。

シニア期は生活スタイルが変わっていきます

年を重ねるにつれて、徐々に様々な機能や免疫力が弱くなっていくため、生活環境、習慣も、体の変化に合わせて変えていく必要があります。病気だけではなく認知症の可能性などもありますので、日頃の生活の様子も合わせて獣医師にご相談ください。

早期発見、早期治療が重要ですを

心臓や腎臓の病気、がんなどは、発生した初期段階では症状があまりないため、健康診断での早期発見が大切です。痛みなどの症状が出るころには手遅れとなっているケースもあります。定期的に健康診断を受診していただくことで、病気の早期発見を行うことができます。

シニア特有の病気を見つける検査項目

健康診断では、身体検査はもちろん、血液検査やレントゲン検査、エコー検査などを組合わせて行っていきます。腎臓疾患、心臓疾患、腫瘍などの特に高齢期に多い病気でも血液検査で見つけることができるようになってきました。これらは麻酔などをかけることもないため、動物への負担も少なくて済みます。定期的な検査を行ってあげましょう