夜20時まで診療!往診も対応!
水曜日・祝日・日曜日午後休診

0246-68-7041

手術について

手術についてAbout surgery

分かりやすい説明を心がけています

当院では手術を行うにあたり、動物への負担ができる限り少なくなるような手術法をご提案しています。
また、手術前には、なるべく分かりやすく手術の説明を心掛けております。
ご希望がある際や、不安・疑問などがありましたら、診察時にお気軽にご相談ください。

手術の流れ

1、術前検査 手術前に採血をし、肝機能や腎機能など異常がないかを検査します。
年齢や過去の既往歴によって項目検査項目を決めていきます。
※異常値が出て、手術への影響が懸念される場合はお電話します。
2、抗生物質
3、気管挿管
麻酔をかける前に抗生物質や鎮痛剤の投与を行います。
気管チューブを気管内に入れます。気管チューブを通して、酸素と麻酔薬を流します(吸入麻酔)。これにより、手術できるようにしっかりと寝てしまいます。
4、手術 手術中は、色々な機械によって麻酔を管理しています。
心電図モニター:正常に心臓が動いているかを確認。
パルスオキシメーター:血液中の酸素飽和度(酸素がどれだけ含まれているか)を確認。
血圧モニター:最高血圧と最低血圧、平均の血圧を確認。
呼吸モニター:しっかり呼吸をしているかどうかを確認
5、術後管理 術後には点滴投与などを行います。
また術後の回復を早めるためや重症例の子はICU(酸素室)なども利用しています。